​エイズ根治薬

 かつてはエイズは死の病でしたが、各種の抗エイズ薬が開発され、多剤併用療法が行われるようになった現在では、HIVに感染してもエイズを発病しないようにコントロールすることが可能になりました。

 しかしHIVは患者体内に潜伏しているので、薬の服用を中止するとエイズが発病してしまいます。私たちは体内からHIVを消去し、エイズを根治させる薬の開発を目指して研究を行っています。

 

 私たちが開発した化合物L-HIPPOは、

  ・HIVを感染細胞内に閉じ込め、外に出てこられなくします。

  ・HIVを閉じ込めた感染細胞はやがて細胞死を起こし、中のHIVも一緒に死んでしまいます。

 

 これは現段階では細胞レベルでの話です。私たちはこれを人体レベルで実現しようと考えています。そうすれば、患者体内で免疫細胞に感染したHIVが除去されるので、薬を服用しなくてもエイズは発病しなくなるでしょう。すなわちエイズの根治です。

L-HIPPO.png

 私たちはL-HIPPOとその鏡像異性体のD-HIPPOを合成しました。L-HIPPOはD-HIPPOよりも強力にウイルスの出芽を抑制しました。さらにその細胞にアポトーシス(細胞死)を誘起しました。私たちはこのプロセスをLock-in and Apoptosisと名付けました。

Lock-in.png
Apoptosis.png